• 外部環境分析
  • 財務分析
  • 部門収支分析
  • 患者分析
  • 職員効率分析
  • 病棟再編成

病棟再編成

病棟再編成の目的は、

  • 地域を支える医療機関として、あるべき病棟体制の実現
  • 患者の病態に合致した病棟機能の実現
    (急性期、亜急性期、慢性期に合わせた病棟編成)
  • 病棟編成に合致した看護体制の確立

にあります。
看護職員を中心に、適切な人員再配置を行いながら、地域住民の疾病構造や、来院患者の特性に合わせて、最適な病棟に再編することで、収益向上を実現します

“実現可能で最適な病棟編成をご提案します!”

移行前患者単価 旧一般病棟患者(135床) 18,600円/日
移行後患者単価 一般病棟患者(90床)
回リハ病棟患者(45床)
33,000円/日
29,500円/日
移行前収入 43百万円/月(平均在院患者数76人)
移行後収入 73百万円/月(平均在院患者数78人)
1ヵ月の収入変化   30百万円/月

病棟再編成のイメージ