• HOME >
  • 医業経営情報 >
  • 情報誌「ボランチ」

医業経営にとって不可欠な要素のひとつとして、「医療を取り巻く環境の変化を正しく把握し、それらを的確に経営戦略へと結びつける」ことが挙げられます。
“ボランチ”は、厚生労働省等の行政機関からの正確な情報を基に編成されており、この先の医業経営の道標としてご活用いただいております。

バックナンバー


ボランチ
2017年7-8月号
Vol.112
2018年に機能評価係数Ⅱを再整理
後発医薬品係数・重症度係数を廃止へ。
Ⅲ群を「標準群」へと名称を変更。
調整会議の進め方案を提示
249区域で慢性期病床数が必要量を上回る。
介護療養病床の役割を明確化。
ボランチ
2017年5-6月号
Vol.111
2018年改定へ向けた議論スタート
医療と介護の連携に関する意見交換を開催。
在宅や施設等での「看取り対応」が課題に。
配食事業のガイドライン策定
配食サービスを利用する高齢者に対して、
事業者が健康状況などを把握することを定める。
ボランチ
2017年3-4月号
Vol.110
2016年改定後~7対1が約8千床減~
7対1病床が改定前と比べて減少。
当初国が想定したほどには減少せず。
地域医療連携推進法人スタート
4月より推進法人の認定制度が開始。
病院等を開設する法人2以上の参加が要件。
ボランチ
2017年1-2月号
Vol.109
今年4月に介護報酬を「臨時改定」
経験年数等に応じた賃金体系を整備するの介護事業所
に対して、介護職員の給与を1万円引上げ
高齢者の自己負担見直し決まる
高額療養費制度の70歳以上負担上限額を引上げ、
療養病床の居住費負担を見直し