電子カルテ導入のポイント

電子カルテとは

近年、開業する際に電子カルテを選択する病院が増えてきています。
電子カルテとは文字通りカルテを電子化すること。
手書きのカルテをコンピューターで管理することで、
カルテを保管する場所を確保する必要がなく、
カルテを探す手間が省けるため患者さんを待たせることがありません。
また、情報を一元管理しているため患者さんの引き継ぎも
早く正確に行うことができます。
導入時には手書きよりもコストがかかりますが、
人件費や保管場所による費用は削減されます。

電子カルテを選ぶポイント

メリットが多い電子カルテですが、選ぶときにはメリットよりも
デメリットをどうカバーできるかという点を重視すると良いでしょう。
電子カルテはコンピューターですので当然故障のリスクがあります。
バックアップに対応するシステムがしっかり確立されているものをお勧めします。
また、機能の充実を図り過ぎて操作性が悪くなってしまっては本末転倒です。
コンピューターに慣れているスタッフが多ければ使いこなすこともできますが、
使いやすさはそれぞれですので、わかりやすいものを選びましょう。

電子カルテを活用した患者さんの管理

電子カルテはただカルテを情報として保管するだけではありません。
電子カルテを利用すれば、院内のあらゆる管理がしやすくなります。
例えば、医療文書の作成を自動で行ったり、
検査機器の使用スケジュールを組んだり。
病床を持つ病院では、入院や退院の管理もできます。
医療総研でも病床管理システムを開発しているため、
導入はスムーズに行えます。