開業するには都心にすべきか郊外にすべきかについて

経営を左右する“立地”

立地条件は開業するうえで経営状態を大きく左右する重要なポイントです。都心と郊外では、それぞれメリットとデメリットがあります。診療科にもよりますが、事前の充分なリサーチや分析を行ったうえで、安定的に運営できる場所を決めるようにしましょう。

まず最初に確認をしておきたいのが、開業地周辺の人口や地域の特徴です。昼夜間の人口、就業者の比率、人口全体における各年齢層の比率、交通利便性、周辺環境などです。

都心での開業

都心部で駅の近くにある物件は、アクセスも便利です。昼間の人口比率が高く、人口の流動性も高いので、初診で来られる見込み患者が多いです。しかし、開業地が好条件であれば、家賃などのテナント料も高額になります。初期費用のみならず施設の維持費なども最初から考慮しておかなければなりません。また、都心では競合も多いため、広告・宣伝費用などのコストもかかります。開業後、いかにして患者さんを増やすかという点での工夫が必要です。

郊外での開業

都心との比較において家賃は低く抑えられ、広いスペースを確保することができます。また、競合が少なければ地域に密着した診療が展開できますので、患者からも信頼され、口コミで患者が増えていく可能性があります。

しかしながら、昼間の人口が少なかったり、もともと人口総数や世帯数が少ない場合は新規の患者さんを獲得することが難しくなります。開業以降、街の再開発により人口増加が見込める場合もありますが、そのぶん新しく競合が増えてくる可能性もあります。

医師が開業にあたり、どんな医業経営をしていきたいかという基本理念を軸に、コンサルティング会社からの客観的なアドバイスや提案を取り入れながら、総合的に判断して納得のいく開業地を選択するようにしましょう。