医業経営の少子高齢化への対応のポイントについて

少子高齢化

平均寿命の伸びや出生率の低下により少子高齢化が急速に進んでいます。
日本の合計特殊出生率は、1975年前後からその低下が始まり、
1998年においては過去最低の1.38になりました。

また、「日本の将来推計人口」によれば、
日本の総人口は2005年をピークに減少を続けています。
2015年には4人 に1人が65歳以上となります。
日本は少子高齢化社会に突入しようとしています。

少子高齢化と医療経営

少子高齢化と不況等の影響によって医療保険の収入は減少しています。
他方で、有病率が高い高齢者は増加し、
現役世代が減り続ければ医療費は増加します。
医療費は現役世代に重くのしかかることになります。
しかし、その根幹となる日本の医療システムは、
高齢者医療費を中心とした医療費の伸びに対応できなくなっています。
その結果、その基本システムの変更を伴った医療費の抑制を余儀なく迫られ、
大きな変革を迫られています。

そのような状況の中で、医業経営は二つの課題に直面しています。
① 医療費の削減に伴って収入が減少すること。
② 評価と説明責任を伴う良質な医療を提供すること。

従来踏襲の医業や医療関連の経営では、
これらの課題に十分に対応出来ません。
医業経営の少子高齢化への対応のポイントは、
専門的な知識を有する医業経営コンサルタントに任せることです。