新規開業を成功させるためのポイントについて

勤務医として従事している医師で、新規開業を検討されている方は少なくはないでしょう。
しかし、開業までに行うべきことは数多くあり、新規開業は簡単にできるものではありません。
資金調達から不動産の選定・契約、医療機器の購入、スタッフの採用、各種の届出など、
新規開業まで、これらは並行して進めていく必要があるのです。


「専門分野によって異なる開業準備」

内科、皮膚科、整形外科、婦人科、心療内科といった専門分野によって、
必要とする設備や採用するスタッフなども異なることから、
開業準備はそれぞれの専門分野によって異なってきます。
さらに、開業物件や開業場所によって、どのように開業を進めていくかも変わってきます。


「開業場所の重要性」

開業場所はどこでもいいというわけにはいきません。
競合の存在や潜在患者をはじめとした様々な事柄を考慮して選定し、
開業後の成功を目指す必要があります。


「スタッフの採用と教育」

スタッフの質は、そのまま病院の質にもつながってきます。
そのため、優秀なスタッフの確保は必要不可欠だといえます。
まずは、多くの応募が見込めるような応募条件にして、
多くの応募者の中から優秀なスタッフを採用できるようにする必要があります。
また、スタッフの能力向上のためにも、採用後のスタッフ教育も欠かすことはできません。

医療総研では、トータル的な開業支援により、新規開業を成功へと導いていきます。
開業までに行う必要のあることは多岐に渡るため、コンサルタントのサポートは欠かせません。
新規開業の実現は、豊富な実績を有する医療総研にお任せください。