医療機関の人事制度についてについて

医療機関であったとしても人事制度を疎かにすることはできません。
なぜなら、医業経営の安定と発展のためには、
そこで働く職員一人ひとりの働きにかかっているといっても過言ではないからです。
人事制度が曖昧になっていると、優秀な職員のやる気を削ぐ可能性もあるため、
優秀な職員の離職につながることもあります。
このようなことから、職員の働きが正当に評価される人事制度を構築することは、
医療機関にとって必要不可欠なことであるのです。

「職員の能力・努力を評価」
人事制度が曖昧になっている場合、中途入職者の給与が現職員よりも高くなったり、
入職時期によって給与水準が異なったりと、職員の給与にバラつきがあることがあります。
同じ職務内容で給与に差があった場合、
給与の低い職員のモチベーションを著しく減退させてしまうことになり、
最悪の場合は離職という結果になることも少なくありません。
そのようなことを未然に防ぐためにも、
職員の能力や努力を正当に評価する人事制度が必要なのです。

「職員のやる気を促す人事制度」
経営者である病院長に気に入られると昇給するとか昇進するといった旧体制であるならば、
職員の間で不平不満が募ることになります。
そのような体制であれば、病院の運営にも悪影響を及ぼし兼ねないため、
適切な人事制度を導入する必要があります。
職員一人ひとりのやる気を促すためにも、
昇給・昇進の規定を明確にした給与制度を構築することが重要です。

「研修制度の導入」
給与規定を明確にするだけでなく、研修制度によって職員の能力を向上させることが大切です。
職員一人ひとりの役割は異なりますから、
それぞれの職員に合った適切な研修制度が必要になります。
職員の能力向上は、病院内の活性化につながっていきますから、
積極的に研修制度を導入していくことは医業経営にとって重要だといえるでしょう。