医業経営にコンサルタントが必要な理由

多くの病院・診療所にとって、医業経営の見直しは大きな課題となっています。
旧来の医業経営を続けている病院や診療所は、
今後経営困難になる可能性を有しています。

何故なら、診療報酬の引き下げに始まり、
医療費の自己負担増による患者離れなどの要因が重なり、赤字経営に陥っていたり、
その危険性のある病院や診療所が急増しているからです。
また、病院や診療所の数も飽和状態になってきているため、
近隣の競合との患者の取り合いになっているというのが現状です。

このような状況の中で、安定した医業経営を行うためには、
「経営の効率化」と「医療の質の向上」の2つ課題の実現が必要になってきます。
この2つの課題を実現するためには、外部のサポートが必要不可欠だといえます。

医師は医療のプロでありますから、当然治療にだけ専念したいと願っているはずです。
しかし現状は、慣れない経営にも携わらなくてはいけないという状況になっているのです。
多くの医師らが、経営は経営のプロに任せたいと願っていることでしょう。

それを実現させるためには、
経営は経営のプロであるコンサルタントに依頼するべきだといえます。
しかし、医業経営は通常のビジネスと違いがありますから、
医業経営を得意とするコンサルタントに依頼するのが賢明です。

医療総研は、多くの実績がある医業経営に特化したコンサルティング会社です。
理想論だけを振りかざすコンサルティングではなく、医療総研では、
既存の経営資源を活かし、職員の方と共に改善策の実現を目指していきます。