病院周辺の商圏分析を行うことで分かる潜在顧客の規模

マーケティングにおいて、商圏分析は必要不可欠であるといえます。
この商圏分析は、企業のマーケティングだけでなく医業経営においても、
病院や診療所周辺の商圏分析は、医業経営を安定化させるために必要になります。

商圏分析は、医業経営では診療圏分析と呼ぶことができます。
診療圏分析により、潜在顧客(潜在患者)を知ることができます。

まず、診療圏とは、「来院してくれる患者の想定範囲」になります。
この診療圏は、だいたいの目安として半径500mを一次診療圏、半径1000mを二次診療圏と捉えます。
さらに、診療科目や専門性、立地条件(住宅立地・オフィス立地・郊外立地)、
物理的な境界線(川・山・大通り・線路)などを考慮して、診療圏を調整していきます。
調整を厳密に行わなければ、
潜在顧客(潜在患者)と見込み患者に開きが出てしまうので注意が必要です。

診療圏が定まったならば、下記の事柄を分析していきます。

・見込み患者数の分析
・地域住民の特性の分析
・競合クリニックの分析
・来院患者の分析

診療圏分析を行うことで得られたデータを基に、様々な対策を講じることができます。

診療圏でしかも競合がいないにも関わらず来院患者数が少ない場合には、
その地域の人に認知されていない可能性が予想されます。
そのような地域には、ポスティングなどを活用した広報活動ができるかもしれません。
また、競合の診療体制を調査することで、競合の良い部分を取り入れることができるでしょう。

このように、診療圏分析の実施で、多くのメリットを享受することができるのです。