医業経営におけるバランスト・スコアカード

バランスト・スコアカードとは、「財務」、「顧客」、「業務プロセス」、「職員能力」といった4つの視点から、
「ビジョン」と「事業計画」を導き出していくビジネスツールのひとつです。
このバランスト・スコアカードは、一般的な企業だけでなく医療機関にも導入することができ、
導入後適切に運用されるならば、大きな成果を期待することができます。

具体的には業務内容が改善されるため業務の効率化が図れます。
それにより、コスト削減につながります。
また、各スタッフの能力の向上が図れるため、提供する医療の質の向上につながっていきます。
そして、それらがバランスよく行われていくことで、医業経営が改善されていくのです。

多くの企業でバランスト・スコアカードが導入され成功を収めていますが、
バランスト・スコアカードは複雑なシステムであるため、
適切に運用されるためには専門家のアドバイスが必要だといえます。
また、医療機関での導入であれば、バランスト・スコアカードを熟知しているだけでなく、
医療業界にも精通している必要があるでしょう。

医療総研では、バランスト・スコアカードを医業経営に適切に取り入れたコンサルティング業務を行っています。
病院・診療所の皆様の「経営の効率化」と「医療の質の向上」を実現するために、
医療総研がコンサルティング業務を通してご支援していきます。