医業経営とマーケティングの重要性

現在の医業経営にとって、マーケティングの手法を取り入れることは極めて重要です。
今は順調に経営が行われていたとしても、数年後も好調な経営が行えているかどうかはわかりません。
それほどに今の経営環境は複雑化しています。

医業マーケティングとは、要するにマーケティングの手法を医業経営にも用いることを指します。
地域に住まう潜在顧客を調査分析し、自分達にとって潜在顧客となり得る層を探します。
その顧客層に対して、更に細かくセグメンテーションを行い、
最も利益に貢献してくれるターゲットを選定して狙いを定めていきます。
ターゲットが明確になれば、今度は競合他社との差別化を行いながら
そのターゲットに効率的にアプローチしていく戦略を立てます。

以上のような一連のマーケティングの流れにおいては、
更に具体的に仮説を立てて検証を行う必要がありますが、
この仮説検証のアプローチにはちょっとしたコツや調査の経験が必要になります。

優秀な医師は医療のエキスパートでありますが、経営やマーケティングのエキスパートであるとは限りません。
そのため、医業経営やマーケティングに精通している専門家によるアドバイスは、
安定した運営を行う上で非常に重要なことです。

医療総研では、医院を円滑に運営していくためのマーケティングをご提案しています。
日本全国の多くの病院・診療所での導入実績があり、大きな成果を上げています。
病院・診療所の皆様の抱えている課題を解決するために、医療総研がご支援させていただきます。