• HOME >
  • 医業経営に関わるコラム

医業経営に関わるコラム

一昔前は、医師は医療に専念しているだけで経営は成り立っていましたが、
国民のニーズの多様化や医療制度の見直しなどといった複雑化する状況では、
医業経営の抜本的な見直しは無視できなくなってきています。

医療の質の維持・向上を図るためには、
優秀な職員の雇用や最新の医療機器の購入などが必要になりますが、
それらを行うためには多額のコストが発生します。
そのため、それらのコストに見合うだけの適性利益を確保することが求められています。
しかし、医療費抑制策の推進などの影響から、医療業界では利益が減少している傾向にあります。
このような状況の中にあって、医業経営を安定して行っていくことは非常に困難だといえます。

医療総研は、日本全国の多くの病院・診療所の皆様にコンサルティングサービスを
提供してきた実績があります。
医業経営コンサルタントの資格を有した中小企業診断士が、
病院・診療所の健全経営のために最適なコンサルティング業務を行います。

今後も安定し医院の運営をしつつ、「医療の質の維持・向上」と「経営の効率化」を目指されている
病院・診療所の皆様のために、医療総研がご支援させていただきます。

医業経営にとって医療マーケティングは無視できない重要な要素だといえます。マーケティングの手法を取り入れることで、安定した医業経営が可能になります。

・・・つづきはこちら

バランスト・スコアカードとは、「財務」「顧客」「業務プロセス」「職員能力」といった4つの視点から、「ビジョン」と「事業計画」を導き出すことができるツールです。

・・・つづきはこちら

Product(製品)、Price(価格)、Promotion(販促)、Place(流通)からなるマーケティングの4Pは、医業経営への適用は難しいといわれています。

・・・つづきはこちら

商圏分析はマーケティングだけでなく、医業経営においても必要です。商圏分析(診療圏分析)を行うことで、多くの改善策を講じることができるようになります。

・・・つづきはこちら

診療報酬の引き下げなどが原因で、多くの病院や診療所が経営で苦しんでいるといわれています。そのため、経営のコンサルタントへの依頼が必要です。

・・・つづきはこちら

医業経営の健全化のためには、レセプト点検は欠かせません。レセプトの算定もれを発見することで、請求する医療報酬額も上がるため増収に直結していきます。

・・・つづきはこちら

医業経営を行う上で、「人・物・金・情報」といった経営資源を活用していくことは重要です。その中でも、経営や管理職向けの研修を通した「人」の育成は必要不可欠であるといえます。

・・・つづきはこちら

病院の経営規模が大きくなると法人化を検討できるかもしれません。しかし、医療法人化には多くのメリットがありますが、様々なデメリットもあることを覚えておく必要です。

・・・つづきはこちら

医療機関であっても人事制度を曖昧にしておいては、優秀な人材を離職などによって失うことがあります。医業経営では、給与規定を明確にするなど、適切な人事制度の導入が重要になります。

・・・つづきはこちら

新規開業に向けて様々な準備を行っていく必要がありますが、開業場所の選定は非常に重要になります。競合の存在や潜在患者など多くの事柄を考慮して、開業場所は選定する必要です。

・・・つづきはこちら

少子高齢化により医業経営は、収入減と評価と説明責任を伴う良質な医療の提供という課題に直面しています。課題への対応のポイントは、医業経営コンサルタントに任せることです。

・・・つづきはこちら

2007年に改正医療法が施行され、医療機関の広告可能な領域は大幅に拡大しました。収入減と患者側への説明責任拡大を背景に、医業経営を革新し、広告戦略も積極的に考える必要があります。

・・・つづきはこちら

開業するうえで、立地条件は経営状態を大きく左右するため事前の充分なリサーチや分析を行ったうえで、総合的に判断して安定的な経営ができる開業地を決める必要があります。

・・・つづきはこちら

開業時のスタッフは医院やクリニックの印象を決める重要な役割を果たします。優秀な人材を採用するために職種ごとに人員計画をたて、給与体系なども考慮しつつ採用計画を進めましょう。

・・・つづきはこちら

診療所を新しく開設する際、保健所や社会保険事務局、税務署、市町村等へ各種書類を届出る必要があります。これらはそれぞれ期日が異なり、どれも重要であるため注意しなければなしません。

・・・つづきはこちら

開業を考えた際、どのような医療機器を導入するかは大きな問題です。医療機器は交渉次第で大きく価格が変化します。信頼できる複数業者による競争入札などで導入機器を決定するようにしましょう。

・・・つづきはこちら

開業すると、 経営者としてのあらゆる仕事が求められるようになります。クリニックの活動に関わるお金の動きの記録は、経営者にとって重要な判断材料となるため、医療会計は正確に行いましょう。

・・・つづきはこちら

安定したクリニック経営には、継続的な集患・増患対策が必須です。自院の認知度を高める対策を行うとともに、患者さんにとって魅力的な「選ばれるクリニック作り」を行うことが大切です。

・・・つづきはこちら

医院の開業については、医療機器の導入にコスト削減の可能性があります。導入する機器、資金調達方法、運営時の事務負担などを考慮して、もっとも適した手段を選択する必要があります。

・・・つづきはこちら

変化を続ける医療報酬制度に対応した、新しい医療経営を導くには数値データから分析をし、各病院に適応した経営方針を常に提示できる医療コンサルタントの存在が必要です。

・・・つづきはこちら

エントランスは来院するかどうかの判断基準となる重要な場所です。また、待合室は場合によっては一番長く滞在する場所でもあります。快適な待合室の提供は、患者数増加に繋がりやすいのです。

・・・つづきはこちら

手書きのカルテをコンピューターで管理することで、カルテの保管場所を設ける必要がない上カルテを探す手間も省けます。電子カルテを選ぶ際は操作性に注意して選ぶことが大切です。

・・・つづきはこちら